2017年4月29日土曜日

故郷にミサイル?


日本では大型連休初日の今日、2017年4月29日。北朝鮮からのミサイル発射の報を受けて、東京都の地下鉄や北陸新幹線が一時ストップしました。幸い、ミサイルは発射後すぐに地上に落下し、日本や韓国などに被害は出ませんでしたが、ヘタすると第二次朝鮮戦争の引き金になりかねない、相当ヤバい事態だったことは間違いありません。

私たち家族がフィリピンへの移住を決めた時、私の家族や親戚・友人たちからは、この国の治安の悪さを心配する声が絶えませんでした。フィリピンに住んでいる今、自然災害以外のことで、私が日本に住む家族・親戚・友人のことを心配するハメになるとは、移住当初からはまったく想像すらできなかった事です。

今回の件は、まだ戦争にまでは至っていませんし、そうならないことを祈るだけです。しかし戦争というのはこんな風に始まってしまうものなんだと、思い知らされている気がします。それまで何も原因がなかったところに、突然降って湧く話ではないんですね。

大きく捉えると、日清・日露の戦役からの流れで起こった1910年の日韓併合から、1945年の日本の敗北による朝鮮半島の解放。そして1950年には東西冷戦下、同じ民族が南北に分かれて戦い双方で400万人もの死者を出すという、悲惨な朝鮮戦争の勃発。これは、太平洋戦争での日本人の死者が300万人だったことを考えると、いかに酷い状況だったかが推し量れます。

1953年には一時休戦になったものの、その後も緊張は続き、比較的記憶に新しいところだけでも、1990年代の原子炉施設を巡っての米朝の対立や、2006年以降の北朝鮮の核実験や弾道ミサイルの発射実験など、何度も武力衝突の危機がありました。

そんな戦争の火種が、今生きている半分以上の日本人が生まれる以前から、ずっと目と鼻の先にあった。それなのに日本政府も国民も、隣国で戦争が起こった時に日本は具体的どう向き合うのか、武力を一切放棄して話し合いに徹するのか、それとも合法的に兵力を持って戦えるように備えるのか、どっちつかずの曖昧なまま。結果的には、ここまで状況が切迫するまで問題を放置してしまいました。

戦争が始まれば、日本国民の生命財産が失われる可能性が高いのに、それを決めるのはトランプと金正恩だという理不尽さ。目先の生活の心配や仕事に追われるあまり、自分たちの子供や孫の将来を大きく左右するかも知れない現実を、直視してこなかったことの報いなんでしょうか。私自身も含めて、政治や国際状況に無関心でいることは、こんな事態を招くことになるんですね。

結局戦争を引き寄せるのは、軍備拡張を推進する一部の政治家や、狂信的な思想の持ち主ではなく、何もしない・決めない、文句を言いながらも、決まったことには従うしかないと思い込んでいる、ごく普通の一般国民の態度。

これは、数年前まで私の所属していた日本の大企業にも通じる話で、スピーディな決断ができないことや、間違ったことをすぐに軌道修正できない融通の利かなさは、国家を含めた大規模な組織の運営上の致命的な欠陥。

ここでフィリピンと日本を比較するのは、歴史も現在の状況もまったく違うので、あまり意味がないかも知れません。しかしながら、領土問題で対立する中国と就任直後に速攻で現実的な和解を図った、ドゥテルテ大統領の決断力とリーダーシップには、羨望を禁じえません。

さらには、大統領と言えども間違っているとなれば、権力者を引き摺り下ろすだけのパワーを秘めたフィリピン国民も、日本人にはない本当の意味での民主主義の理解力・実践力があると言わざるをえません。


2017年4月26日水曜日

市長はテニスがお好き

テニスが趣味で、移住前はテニススクールにも通い、週1回以上はコートに出ていた私。ところが、ここフィリピン・ネグロス島のシライ市では、なかなか一緒にテニスをする人を見つけるのが難しく、テニスコート自体がとても少ない。

それが約1年前に、自宅のすぐ近所で使えるコートがあることが判明し、昼間っからでも毎日テニスしたいというヒマ人...ではなく、 テニス熱心な相棒も見つかって、久しぶりにテニスライフ再開となりました。

ただ問題はそのコート。シライ在住ならば誰でも無料で使えるので、文句を言うとバチが当たりそうですが、サーフェイスは凸凹でイレギュラーが多いし、水撒きとかコート整備が不十分で、乾燥した晴天が数日も続くと、ものすごい砂ぼこり。

しかも元々3面あったのに、そのうち両側の2面は雑草がボウボウの放置状態。周囲のフェンスも穴だらけで、そこからボールが外に出てしまい、球拾いでプレイ中断もしょっちゅうのこと。なんだか、完全に忘れ去られた状態で、バスケットなどフィリピンで人気のスポーツに比べると、とても惨めな感じです。

そして、ちょうど去年の今頃は、フィリピンの国政選挙の真っ最中。シライ市長選の有力候補で当時現職の副市長だった、テニス好きのマーク・ゴレツ氏。彼が当選したらコートが新しくなるに違いないと、数少ないシライのテニス愛好家の間では評判でした。

その後、めでたくマークは当選。どうせデマだろうと思ってたら、数ヶ月後から本当にコートの補修工事が始まってしまいました。なんて分りやすいフィリピンの政治。まずは草刈りから始まって、フェンスの穴も直し、凸凹のサーフェイスも土を入れてきれいに均しました。照明設備も再点検。今では週に1回ぐらい夕方から宵の口ぐらいまではナイターもしています。


ネットを仕舞う物置や、トイレは以前と変わらずボロボロのままでも、テニス自体はとても気持ちよくできるようになりました。マーク市長さまさまですね。

そして、この4月の半ばから、いよいよ新市長のスポーツ振興政策の目玉とも言うべき、夏休みの子供スポーツレッスンが始まりました。これは、バスケットやバレーボール・サッカー・卓球などから、シライの学校に在学する子供たちが好きな種目を選び、ちゃんとコーチがついて土日を除く毎日約3週間、市内に点在するスポーツ施設で無料のレッスンを行うというもの。もちろんテニスも含まれています。

大阪に住んでいる時には、私や家内と一緒にテニススクールに通っていた今年12歳になる息子。実は運動は苦手。でも家内がどうしてもテニスをもう一度やらせたいと説得して、夏休み子供レッスンに参加することになりました。

それが始まったのが先週の火曜日で、もう1週間以上が経過。下は小学生の低学年から、上は中学生ぐらいの子供まで、総勢約10名の参加です。真夏の盛りのネグロスなので、正午前後は避けて、朝8時〜10時と午後3時〜5時の2回、合計4時間のレッスン。コーチは以前私も一緒にプレーしたことがある、ステファンというオジさん。最初は練習後には汗だくのヘトヘトだった息子もだいぶ慣れてきて、意外と面白くなってきたようです。


初日の午前中は2人からのスタートでした。

この頃ではコートへの送り迎えと、練習の間の見守りはメイドのネルジーにお任せ。こう書くと、すごいお金持ちのご子息みたいですね。でも学校の登下校と同じく、道行く車の運転は乱暴だし、野犬も多い。それに冗談ではなしに営利誘拐の危険もあるので、子供一人で通わせることができないのが、フィリピンの現実。

それはともかく、毎日スポーツをする環境に身を置くのは、本人が嫌がりさえしなければ悪いことではありません。ちょっとは打てるようになって、親子でテニスを楽しめるようになれば、儲けもの。無理せず、そこそこ頑張ってほしいものです。


2017年4月25日火曜日

19回目の結婚記念日


今日4月25日は、私とフィリピン人の家内の結婚記念日。あれは1998年のことだったので、今年で19回目なります。月並みな感想ながら、やっぱり早いものですね。フィリピンで迎えるこの日は、19年前の当日を含めて6回目。今日もあの日と同じように、晴れて暑い1日でした。

本来ならば、近くのホテルにでも1泊したいところですが、最近では子供の誕生日でも、勿体無いからと、あまり派手なことをしたがらない家内。今年など、まったく忘れていたようで、朝仕事に出かける時も普段と同じように「行ってきま〜す」。それなら帰宅した時にちょっと驚かせてやろう、とばかりに夏休み中の息子を連れて、隣街タリサイ市のショッピングモールに、ケーキを買いに行きました。

このモールは、ちょうど4年前に私たちが移住して来たのと、ほぼ時を同じくしてオープンした場所。おそらく西ネグロス州では最初のアヤラ・モールだったと思います。アヤラは、シューマート(SM)、ロビンソンズなどと並ぶフィリピン大手流通グループの一つ。これで私たちの住むシライ近辺には、三つが出揃ったという訳です。

ここには、オープン当初からマニラに本店を置くようなレストランやお菓子屋さんのチェーン店などが軒を連ね、アイ・ストア(アップル・ストアのフランチャイズ)や、スターバックスも。ネグロス暮らしでは諦めないといけないと思っていたものが、実はたくさんあることが分かって、最初は随分嬉しかったものです。

ところが今日、いつの間にかスターバックスが閉店していたことに気付きました。う〜ん、やっぱり50万都市の州都バコロドではなく田舎町のタリサイ市には、値段が高くで小洒落れたアメリカンカルチャーは根付かなかったのか? 実はアイ・ストアもアップルの看板を外して、ただの携帯屋さんになっていたし、高級路線が売り物の店は苦戦しているようです。そう言えば、移住して最初の結婚記念日に、ここでネグロスにしてはかなり高価な花束を買ったけれど、その花屋さんも無くなってるなぁ。


ただ幸い、何軒かあるスイーツ関連の店はどこも健在。お気に入りのケーキ屋さんカレア(CALEA)で、美味しそうなのを3スライス買うことができました。1スライス90ペソ(約200円)なので、ネグロスにしては立派な高級店です。夕食の後にこのケーキを食べた家内は、とても満足そうでした。


さて、日本に遅れること50年でフィリピンに訪れた現在の経済成長。私にとっては、それを象徴するようなタリサイのアヤラ。実のところ、開店以来いつ来ても「すごく混雑している」というのは、ほとんど見た記憶がありません。これは人口が少ないタリサイにモールをオープンさせた、マネージメント側の失敗と言ってしまえばそれまでのこと。でも見方を変えると、人口10万程度以下の中小都市にまでは成長が行き届かない、フィリピン経済の限界の表れなのかも知れません。

日本の場合の成長は、朝鮮戦争特需から始まって、オイルショックまでのほぼ20年間続きました。しかしフィリピンの場合は、どうもそれほど長くは保たないような気がします。コンドミニアム建設ラッシュが続くマニラ首都圏やセブでも、そろそろ価格に陰りが見え始めている。今年12歳になる息子が大人になる頃、フィリピン経済はどんな風になっていることでしょう。結婚記念日に来たアヤラで、そんなことを考えてしまいました。


2017年4月23日日曜日

フィリピンの温泉


前回のラカウォン島に引き続き、3泊4日の西ネグロス観光の最終日に訪れたのが、州都バコロドから車で約1時間の山間部にある、温泉リゾートのマンブカル。実は、私がここへ来るのは3回目。移住前と2年前で、いずれも1泊。特に2年前の時には、このブログに詳しく書いて投稿しました。

ビーチリゾートのラカウォン島と同じく、最近のフィリピンの好景気に後押しされて、どんどん新しい設備ができています。最初は、モルタルで周囲を固めただけの荒削りな露店風呂(というより温水プール?)みたいなのが一つきり。ところが今では、日本人が設計して「美川温泉」と名前がついたものや、大きなスイミング・プール。滝巡りのトレッキングコースに、子供連れでも楽しめるアスレチックもある。


お湯が熱めで、肩まで浸かっているのは
ほとんど日本人だけの美川温泉

認知度もかなり高く、ホーリーウィークの聖土曜日ということもあって、行楽客でごった返していました。宿泊用のコテージは予約でいっぱいだし、駐車スペースもオーバーフローで、かなり離れた場所に路駐するしかないほど。フィリピンでも温泉は人気なんでしょうか?

そこで今回の投稿を書くに当り、フィリピンの温泉リゾートについて調べてみました。すると、思ったよりたくさんあるんですね。有名なところではマニラ首都圏から車で行けるロスバニョス。その他にも、セブ島(リゾート地のマクタンではなくセブ本島)やバギオなど、ざっと調べただけでも20か所ぐらいヒットしました。

ブログに書いておられる日本人は、まるで口を揃えたように「日本ではまったく紹介されていませんが...。」が枕詞。確かに私も移住前は、家内の実家近くのマンブカル以外は全然知りませんでした。よく考えてみれば、島国で火山も多く、日本とよく似たフィリピン。温泉がたくさん湧いているのも不思議ではない。

ひょっとすると、潜在的にはすごく有望な観光資源なのかも知れません。日本の場合、有馬や下呂のような温泉地ではなくても、例えば大阪の市街地のど真ん中でもボーリングすれば天然温泉が湧きます。実際にスーパー銭湯ブームで、あちこちにお風呂屋さんが開業しているぐらい。例えばフィリピンでも、綺麗なビーチの近くに温泉が開発されたら、すごく人気が出るんじゃないかなぁ。

これは素人考えの思いつきなので、現実的にはそんな簡単なことでもないのでしょう。それでも今ある温泉地を、もっと高級リゾート化して日本に売り込んだら、かなりの集客が見込めそうな気がします。2年前の投稿でもマンブカルは、宿泊施設やレストランがショボくて勿体無いと書いたところ、複数のレストランが開業して、ずいぶん改善されてました。やっぱりフィリピン人でも、同じことを考えるんですね。


さて今回は日帰りだったので、コテージが良くなったかどうかは分かりませんが、風呂に浸かってマッサージしてもらって、食事にプール遊び。丸1日家族で過ごすには、本当にいいところでした。唯一残念なのは、露天風呂では水着着用だったことと、脱衣所がなくてトイレで着替えないといけなかったこと。もう一息だぞ、マンブカル。

ということで、3泊4日の観光にお付合い頂いたFさん家族を伴って、夕刻マンブカルからシライの自宅に無事帰還。超充実の4日間でさすがに疲れました。少し休息して、夜の便でマニラへお帰りになるご家族のお見送り。また来てくださいね〜。


2017年4月22日土曜日

ラカウォン再び


前回から少し間が空いてしまいました。ホーリーウィーク中の西ネグロス観光、3回目の投稿です。今日は、シライ市の自宅から、車で約1時間の場所にあるビーチリゾート、ラカウォン島について。去年の5月に、初めて日帰りで行ってきて、今年はぜひ一泊しようと決めていました。マニラ在住の日本人の友達、Fさん家族にとってもこの旅行では一番楽しみにされていた場所。

最寄りの港町のカディスからは、定員15人ぐらいの小さなボートで30分の船旅。さすがに連休で人も多く、ボートに乗るまでしばらく待ったものの、待ちくたびれるというほどでもありません。きれいな場所のわりには、外国人観光客はほとんどいない。船着き場でFさんたちと話していると、地元の中学生か高校生ぐらいの女の子たちが、私たちを凝視。もう、遠慮も何もなしに見つめられて、つい「君ら、日本人初めて見たんか〜?」と大阪弁...ではなく英語で聞いてしまった。

さて、順調に船に乗ったまでは良かったけれど、思いの外波が強く、たまたま順番で一番前に座ってしまった私たちは、ビショビショになってしまいました。よく見ると他は、アウトリガーと呼ばれる浮きが両舷についたバンカーボートばかりなのに、なぜか私たちの乗ったボートだけ浮きなしのただのボート。最初から分かっていたら、次のボートを待ったのに。

というわけで、ずぶ濡れでの上陸になってしまった1年ぶりのラカウォン島。しかし、去年と変わらぬ、美しい白い砂浜と青い海を見たら、すっかり気分も晴れました。やっぱり、フィリピンと言えばビーチリゾート。少しぐらい苦労しても、来た値打ちがあったというもの。

自然の美しさは同じでも、人工物は随分増えましたねぇ。昨年、宿泊施設と言えば、バンブーハウスのコテージだけ。数室程度の鉄筋コンクリート製客室が完成間近の状態でした。今回それは当然オープン済みで、さらに3階建ての別棟が建設中。海岸には100m以上はあろうかという長い桟橋ができて、その先には新しい船着き場。そして海上には、フローティング・バーが営業を始めていました。


桟橋の向こうに見えるネグロス島

ハードウェアは順調に整備されている感じなのに、ソフトウェア、つまりサービスがイマイチだったのはちょっと残念。島内唯一のレストラン・バーは、お客さんが少ない時は、そんなに悪くないのに、夕食時など混雑しだすと一挙にサービスが雑になります。極めつけは、朝ごはんを食べようとしたら「コックが来なかったので朝食はできません」。なんじゃそりゃ〜!

なぜ家内が、食パン1斤とチューブタイプのチーズを持ってきたのかが、よ〜く分かりました。他の宿泊客も、まるでこうなるのを見越したかのように、パンやカップ麺持参。危なく折角のリゾートの朝が、腹ペコの惨めな思い出になってしまうところでした。家内に感謝ですね。


とまぁ、若干の不満もあったものの、夕刻と朝、そして星空は素晴らしかった。このためにラカウォンまで来たようなものなので、いろいろあってもすべて許せる気分。また、今回泊まったバンブーハウス。クーラーなしでも夜は海からの風が心地よく、まったく問題なし。Fさん曰く、深夜まで音楽がうるさかったそうですが、私は熟睡できました。


ビーチを満喫できたので次は山へ、とばかりに次回の投稿は、温泉リゾート、マンブカルです。


2017年4月18日火曜日

安全なシライ市内観光

前回に続き、ホーリーウィークに日本人のFさん家族と同行した、西ネグロス観光旅行の話題です。今回は、私たち家族の住むシライ市内。メインイベントのラカウォン島(ビーチ)とマンブカル(温泉)の隙間時間を埋めるように、初日と3日目は自宅近辺をご案内しました。


市街地を離れると
見渡す限りのサトウキビ畑

我が家にお越し頂いたお客さんは、だいたい決まったコースをお連れします。最初はシライ市の中心部にあるサンディエゴ大聖堂。フィリピンでは少し大きな街なら、どこでも大きな教会は建っています。スペイン統治時代に建設された古い教会の多くは、地震対策のためにがっちりした石造り。どちらかというと無骨で男性的な印象が強い。

ところが我がサンディエゴ大聖堂は、優美な曲線のフォルムと白い外装の、とても女性的な美しさ。高層建築が皆無のシライ市街地内では一際目立って、街はずれからもその姿を見ることができます。まさにシライ市民の誇りというべきもの。


続いて、聖堂から数ブロックの距離にある、これもスペイン時代の遺構「バライ・ネグレンセ」。地元の言葉で「ネグロスの家」を意味する、100年前の富豪のお屋敷。文化遺産として、シライ市により博物館として保存されています。


マニラ住まいのFさんには、フィリピン地方都市の古い建物は新鮮だったようで、とても喜んでもらいました。また街並みがきれいで、危ない感じがしないそうです。なるほど、丸4年もシライに住んでいる私は慣れてしまって、日頃ほとんど意識しないけれど、確かにマニラに比べるとそうかも知れません。

超近代的なオフィスやショッピングモールが林立するマニラ首都圏も、ちょっと路地に入るとあまり清潔とは言えないところが多いし、いまだに白昼ホールドアップの危険もある。その点、人口密度が低いシライはのんびりしていて、深夜とかスラム街をウロついたりしなければ、女性と子供だけで歩いても大丈夫です。

また、3日目がたまたま聖金曜日だったので、市民総出の宗教行事にもご一緒いただきました。イエスの磔刑像や嘆きの聖母マリアをモチーフにした山車と一緒に、市内13か所に設置した十字架を巡る「十字架の道行き」。フィリピンならばどの街でも大々的に行われるもの。しかしFさん曰く、マニラでは人混みが怖くて、とても日本人は参加できないだろうとのこと。


日本人のお客さんにシライを案内すると、私にとっても毎回新しい発見があります。日本人の目でマニラとシライを比較するというのは、本当に目からウロコの感覚でした。言われてみれば、日本人が一人で長時間で歩いたり、隣街まで自転車漕いだりは、ここだからできること。田舎街の不便さはあっても、それを補って余りある魅力がシライにはあるようです。

そしてシライでのお泊まりは、築10年も経っていない市内唯一のホテル、リッチモンドです。かつて安宿のペンションばかりだったシライ市内では、異彩を放つリッチモンド。値段はそこそこしますが、お子さん連れだとこういうホテルは助かります。バスタブもあって、湯船にも浸かれる。


ということで、予想以上にくつろいで頂けたシライ市内観光。次回はいよいよハイライトのビーチリゾート、ラカウォン島です。


2017年4月16日日曜日

3泊4日の西ネグロス観光

久しぶりに、ぎっちり日程を詰め込んだ観光旅行をしました。日本のお盆休みのような感じの、フィリピンのホーリーウィーク(今年は4/9〜15)。学校はすでに3月の終わり頃から夏休みで、お店や会社に勤める人は、遅くても木曜日からは休暇に入ります。つまり、この時期は、子供連れの家族が、どっと観光や行楽に繰り出すタイミング。

一昨年から仕事をしていた家内。でも昨年までは在宅勤務がメインで、平日も比較的時間が自由。混むのが分かっているホーリーウィークには、あまり出かけませんでした。しかし昨年10月から、家内の仕事が週5日の朝9時から夕方5時までのフルタイム勤務になり、まとまった休みはフィリピンのカレンダー通りに。

そして今年は、フェイスブックで知り合った、マニラ在住の日本人家族がネグロスに遊びに来てくれることになり、移住後初めてホーリーウィークのど真ん中の家族旅行という運びに。

今までにも年に数回ぐらいは、単身の方、家族連れを含めて、日本人のお客さんをお迎えしてきました。やっぱり時々こういうイベントがあるのはいいですね。私はまとまった量の日本語がしゃべれるし、子供にもいい刺激になります。特に今回は、2歳と6歳のお嬢さん二人がご一緒で、子供好きな家内は大喜び。

さて、その日程。
初日は、お昼過ぎにシライ・バコロド空港に到着お出迎え後、涼しくなるまで自宅でコーヒーブレイク。ネグロスと違って日本の食材が豊富にあるマニラからの、豆腐や生麺、赤だし味噌などのお土産をありがたく頂戴して、夕方はシライ市内観光。

そして翌日から一泊で、シライから車で約1時間の場所にある、ビーチリゾートのラカウォン島へ。ここは昨年日帰りで行った場所で、ブログにも書きました。今回のお客さんは、それをご覧になっていたようです。天候にも恵まれて、美しい夕焼け・星空・朝焼けを見ることもできました。


翌日は聖金曜日。午前中にシライに戻り、肉なし野菜カレーを作りました(聖金曜日は、カトリック信徒には肉断ちが奨励されます)。夕刻からは、年に一度の「十字架の道行き」(*注)に一緒に参加。これは、イエスさまの十字架での死を悼み、磔刑像や嘆きのマリアさまを飾った山車を何台も連ねて、市街地の13か所に設置した、竹製の十字架を巡るカトリックの宗教行事。

これはシライだけでなく、フィリピン全土の街で行われますが、参加する日本人観光客はあまり多くないと思います。他のお祭りと違って、派手な歌舞音曲はなく、市民総出で祈りを唱えながら、手にロウソクを持って練り歩く厳粛なものです。そう頻繁に見られるものではないので、お客さんにも喜んでいただけました。

そして最終日が、今度はマンテンリゾートのマンブカル。こちらは日本人の設計による露天風呂がある温泉地。フィリピン暮らしの日本人としては、本当にリラックスできる場所です。ただし、さすがに家族風呂はないので、水着着用なのは痛し痒しという感じ。

こうして書いてみると、これぞ日本人の観光旅行!ですね。限られた休日の間に、できるだけたくさん見て回る日本式スタイル。フィリピン人の家内と息子三人だけだったら、同じ3泊4日でも、おそらく一箇所でゆっくりしよう、となったと思います。まぁ、たまにはこういうのも悪くはありません。体力は使いましたが、ものすごい充実感でした。

ということで、1回の投稿ではとても語りつくせないほどの観光旅行。次回以降4回に分けて投稿したいと思います。

*注 こちらでは The Stations of the Cross と呼んでいるので、その訳語である「十字架の道行き」を当てましたが、これは本来カトリックの聖堂内に掲げられた、14場面のイエスの受難を描いた画像やレリーフを巡りながら行う黙想を意味します。