2018年2月21日水曜日

昔は日本も汚かったんやで


ボラカイ島

先日、ドゥテルテ大統領についての投稿で触れた、フィリピンのビーチリゾート、ボラカイ島の水質問題。ドゥテルテ大統領にすれば当然のごとく、フィリピンの今までの常識からすれば、異例の早さで、具体的な進展の報道がありました。

名称こそ未公表ながら、51の施設に対して、処理せずに汚水を垂れ流していると指摘。数日中に返答がなければ、上水供給を止めると警告しました。脅しではなく、ドゥテルテ大統領なら間違いなく実行するでしょうね。同じやり方で、何十年も空港ターミナル使用料を滞納していたフィリピン航空に、60億ペソ(約130億円)を支払わせましたから。

環境汚染の話はともかく、それに歯止めをかけようというのは、喜ぶべきこと。私も家内との新婚時代に行ったことがあるボラカイ。あの美しいビーチと海が、いつまでもきれいに保たれること心から願っています。

しかしこのニュースがフェイスブック内でシェアされると、だからフィリピンはダメだ、自然保護の意識が皆無だと、ディスるコメントがたくさん。そういう反応があるだろうとある程度の予想はしてたものの、あまりにも思った通りで嫌になります。

これは、フィリピンに対してだけでなく、中国や韓国での公害や事故のニュースに、必ずついてくるコメントと同質のもの。日本は街並みはきれいでマナーも世界一、フィリピンも中国、韓国もまったくの後進国。日本はスゴい、日本はエラい...。

ロクに歴史も学ばず、ネット上のフェイク記事を鵜呑みにしている若い連中が言うのなら、まだ分からなくもない。ところがコメントした人のプロフィールを見ると、私と同世代か、少し上の人までいる。

昭和50年代の前半、西暦ならば1980年頃までは、日本もたいがい汚かったですよ。特に私が少年時代を過ごした1970年代の尼崎は、夏場は光化学スモッグで外で遊ぶことを制限されたし、市内の河川は全部ドブ川状態。神崎川なんて、鉄橋を渡る時の電車内にまで異臭が。日本全体でも、水俣病イタイイタイ病四日市喘息など、公害病が大問題で、サリドマイドスモンといった薬害もありました。

マナーも最低で、駅の周辺なんてゴミだらけ。映画館に入れば小便臭いし、公衆トイレは、どこでも悪夢の汚れ方。エエ歳した大人が、道に痰を吐くわ、ガムは捨てるわ、立ち小便するわ、本当にひどかった。「民度が低い」とは、日本人を指す言葉だったと感じるほど。

それだけではなく、その頃、建築関係の仕事に従事していた父によると、工事認可の手続きでは、市役所の担当職員が公然と賄賂を要求してきたそうです。そういえば役所の窓口対応も、ゾンザイなのが多かった。

つまり、40年前には、日本も同じか、場所によっては、もっとひどい状態。多少なりとも当時の惨状を知る世代ならば、とてもフィリピンの環境汚染を非難できないと思うんですけど。

その上最近では、日本人はサムライの末裔だから、昔から優れた国民だったなんて、子供みたいなことを真顔で言う人までいる始末。明治初期の調査によると、士族は全人口のたった7パーセント。幕末に日本へやって来たヨーロッパ人に言わせると、武士階級は誇り高くて、礼儀も教養もあったそうですが、それ以外は同じ民族とは思えないほどレベルが低く、まったく信用できなかったらしい。

しかも武士にしたところで、江戸時代の末になれば、200年以上も実戦経験のない、名前だけの有閑階級。家名を守ることだけが重要な、見栄っ張りで事なかれ主義者が多かった。もちろん中には、優れた事績を残した人もいたけれど、それはごく一部であって、ほとんどが凡人だったのは、今の日本人と変わらなかったでしょう。

要するに、現在の日本は、それなりに自慢できる部分もいっぱいあり、世界的に見てそんなに悪い国ではないにしても、決して昔からそうだったわけではなく、これからもずっと変わらないという保証もない。優秀な人もいればロクデナシもいる。

歴史というもは、どうやら全世界が均等に推移ものではなく、何年、何十年のタイムラグがあるようです。そして進歩だけでなく退化もある。いちいち他国民を蔑んだり羨んだりするのは、あまり賢明なこととは言えないですね。


2018年2月20日火曜日

黄昏時の屠殺場

以前にも少し書いた、屠殺のお話。ネグロス島に移住してまだ間もない頃、知り合いが家で飼っている豚をさばいて、肉を売るというので少し購入し、ついでに屠殺・解体を見せてもうらうことになりました。

日本人の感覚では、ずいぶん趣味の悪いことだと思われそう。でもこれは、結婚式のパーティなどで、豚の丸焼き、レッチョン・バボイを供する時に、「確かにケチらず、お客様のために1頭丸ごと用意しました」の意味で、出席者に見せるのが、昔ながらの伝統なんだそうです。


場所は、自宅から徒歩10分ぐらいの、建て込んだ貧民街。一人ではとても怖くて、足を踏み込めないでしょう。今は無き香港の九龍城ってこんなだったのかなぁと思わせる、迷路のように入り組んだ路地を歩いて、ちょっとした中庭みたいなスペースに出ました。そこで件の豚さんは、もう縛り上げられた状態で、死刑執行の待機中。もうすぐこの世におさらばと悟ったのか、ぴぎゃ〜、ぴぎゃ〜、と大騒ぎ。

そこへ現れたのは「いかにも」という感じの、痩身だけど引き締まって筋肉質なおじさん。出刃包丁みたいなナイフで、特に表情を変えることもなく、今まで生きてもがいていた豚を、あっと言う間に食肉へ。

あまりにもグロになってしまうので、詳細な描写は避けますが、気の弱い人なら、しばらく豚肉は食べられなくなりそうな光景。一緒に見に来た、近所で活動するNGOに、インターンとしてネグロスに滞在中だった大学生の女の子は、ショックで泣きだしてしまうほど。

こういうのを見ると、よくある感想ながら、やっぱり食べ物は粗末にしたり、残したりしてはいかんなぁと思います。動物にしろ植物にしろ、命を頂いている感覚は、大事にしなければ。平素はそんな高尚なことより、お茶碗やお皿にやらた食べ残しが多い人を見ると、洗う人の手間を考えろよと言いたいのが先立ちますが。

さて最近、フェイスブック上での投稿がきっかけで、友達になったばかりの人が、豚をさばくところが見られるのなら見てみたいとコメント。それならばということで、以前のような個別案件ではなく、日常的に豚をさばいている、屠殺場みたいな所がないか、シライ市内の公設市場で、肉屋のオッちゃんに訊いてみました。

教えてもらったのが、車で5分ほど離れたシライ漁港。おそらく港町としてシライが栄えた頃は、ここから船荷を陸揚げしたんでしょうね。今では、貧困層が固まって住んでいるバランガイ(町内)の奥。車で乗り付けることができず、バランガイの入り口付近に路駐して、そこからは先はトライシクル(輪タク)。前日の大雨で、未舗装の道は泥んこ状態。




小さな漁船が停泊する岸壁沿いに、集会場のような大きな建物があり、そこが豚の屠殺場。幸か不幸か、たまたま行ったのが夕方で、もう仕事は終わったあと。日曜日を除く毎日、早朝から午後3時までが業務時間なんだそうです。




すぐ傍で、魚の水揚げをやっているようで、言ってみればここは、シライ市民のタンパク源の一大供給基地。と書くと聞こえはいいですが、悪臭が立ち込めて、道は悪いし、お世辞にも衛生的とは言えません。

日本と違って、食肉処理への忌避感みたいなものは少ないフィリピン。それでも屠殺は、職場環境も賃金も、あまり恵まれた職業とは言えないようです。やっぱり誰もが憧れる、というものではありません。

ところで、日本ではどうやって処理してるんでしょう? 少なくとも大都市近辺では、あんまり見たことがないですね。社会見学とかでも聞かない。本当は、こういうプロセスは、隠さずにオープンにした方がいいように思います。小さな子供や、見たくない人に無理やり見せろとは言いませんが、日常的に口にするものがどんな経路を通って来るかを知るのは、決して悪いことではないですよ。


2018年2月19日月曜日

私的フィリピン美女図鑑 FHMガール


FHMという雑誌をご存じでしょうか?
フィリピンに住むか、足繁くフィリピンに通っている人、特に男性ならスーパーのレジ付近や空港の売店で、一度は手に取ってパラパラとページをめくったことがあると思います。

日本で言うと、10年ほど前に廃刊になってしまった、月刊プレイボーイ(集英社の週刊プレイボーイではなく、アメリカPLAYBOYの日本版)のような、セクシーな女性モデルが、刺激的なポーズで表紙やグラビアを飾る、男性向けの月刊誌。とは言うものの、完全なヌードではなく、せいぜいセミヌード。かつてのPLAYBOY誌や、競合するPENTHOUSE誌に比べると、かなりソフトタッチ。

もともとFHMは、1985年にイギリスで発行された、男性ファッション誌。当初は季刊だったそうで、For Him Magazine が正式名称。1994年に月刊誌となり、今のスタイルへ。「100人の最もセクシーな女性」という毎年行う企画が大当たりして、イギリス国内でベストセラー雑誌となり、ヨーロッパ諸国やアメリカ、オーストラリア、そしてフィリピンを含むアジア各国に販路を拡大。

今では、フィリピンで、FHMのカバーガールに選ばれるのは、モデルや女優にとってはかなりのステータス。男性だけでなく、女性の憧れの的にもなっているようです。普通の女の子が、フェイスブックのタイムラインに、セクシーな女性の写真を投稿することは、それほど珍しくありません。

この国は、人口の9割近くがカトリック信徒なのに、女性も男性も、性的魅力を強調することに対して抵抗感が少ないようです。そう言えば、私が家内と付き合い始めた頃、シライ市内の実家のダイニングルームには、フィリピーナの水着ポスターがデカデカと貼ってありました。家内の母、つまりその後、私の義母になるおばちゃんが、いかにフィリピン女性が魅力的かを、熱心に語ってくれたのを思い出します。

ということで、今日の美女図鑑は、フィリピン版FHMのトップモデルの一人、アン・マテオ嬢。24歳で、中国系の血筋を感じさせる顔立ち。もちろんスタイルは抜群で、笑顔がキュート。同じくトップモデルのエンジェル・ロクシンが、完璧に整った容姿の正統派美女だとすると、アン・マテオは、親しみやすい Girl Next Door (隣の女の子)タイプ。日本でも人気が出そうです。気になる方は、Ann B. Mateo で画像検索してみてください。


FHMの表紙風に仕上げました。


過去の「私的フィリピン美女図鑑」は、こちら。
王女カンシライ
マイティ・フィリピーナ
クリスティン
サウンド・オブ・パラダイス
フィリピーナ in キモノ
マニラ・ガール
スーパーの警備員
タクロバンの薔薇
ジュリア・バレット
オフィレニア5人姉妹
ホワイトレディ
メイン・メンドーサ
スーパーの警備員 再び
日比カップル

2018年2月18日日曜日

飼い猫チャコ美の分割出産

猫のチャコ美が、フィリピン・ネグロス島の我が家に来てから、もう3回目の出産です。ネズミ算よりネコ算というほど、猫は多産。年に3回は妊娠して、その度に4〜5頭の仔猫。話には聞いていましたが、本当にその通り。

飼い猫と言っても、家の中に閉じ込めているわけではなく、基本は野良の時と変わらぬ行動範囲。毎日朝夕の2回、餌を食べに来るというだけの関係の半野良状態。近所に獣医はいないし、そもそも周囲に、犬猫にそれほどお金をかける人が、あんまりいない。当然のように去勢手術なんてしておりません。そりゃ増えますね。

この調子だと、数年のうちに我が家は猫屋敷化するのではないかと思いきや、チャコ美は育児が下手なのか、それとも遺伝的に何か問題でもあるのか、過去2回の出産で生まれた、合計7頭の仔猫は、1ヶ月も保たずに全部死なせてしまいました。

最初は4頭。野良猫など絶対家に入れないと、家内の拒否権発動で、ほとんど放ったらかしにしていました。発電機の裏側で育て始めたのはいいけれど、雨を防げない場所だったのが悪かったようで、1頭減り2頭減りで、あっという間に全滅。

次の出産では、2頭生まれた仔猫を、車のエンジンルームで育てようとしたチャコ美。よっぽど愛車のトヨタ・アバンザが気に入ったのか、何回外に出しても、すぐに連れ戻す。しばらくイタチごっこをした挙句に、私が根負け。この時は何とか家内を説得して、乳離れするまではと、屋内の廊下に洗面器にボロ布を敷いた簡易育児室を用意しました。

やれやれと安心していると、2頭産んでから数日もして、3頭目を出産。ネットで調べても、こんなに日を空けて分割で産むなんて、どこにも書いてなかった。それで元気だったらよかったのに、やっぱり異常分娩だったらしく、仔猫は一度も鳴き声を上げることなく、そのまま天国へ行ってしまいました。

1頭犠牲になったんだから、兄弟の分も頑張って生きなアカんぞと、関西弁で励ます毎日。そろそろ生後1ヶ月で、もう大丈夫だろうと、三毛猫にはミーチャ、トラ猫にはトーチャと名前まで付けたのに、またまたあっけなく相次いで昇天。

そして迎えた3回目の正直。
今度はいつになく、デっかく膨らんだボテ腹のチャコ美。こりゃ、5頭ぐらい入ってるんじゃないかとビビってました。でも生まれたのは1頭。でもまだお腹はパンパン。案の定、またもや分割出産で、約12時間後にもう一頭。今度はちゃんと生きてた。

2頭でお終いとも思えない大きなお腹。2日経った今朝、3頭目が。残念ながらこいつは死産。チャコ美よ、いくら産んでもいいから、死なすなよ。頼むわ。

さて、生まれたての2頭の仔猫。チャコ美と同じくキジトラ模様。育児は、たまたま家内がしばらく前に倉庫から引っ張り出していた古タイヤの中。本能とはいえ、実にうまいこと仔猫を隠せる空間を見つけたものです。早速中に、使い古した足拭きマットを敷いてやりました。

これから暑くなる季節。雨も少ないし、子育てには悪くない条件だろうと思います。今度こそ、1頭でもいいからちゃんと育ってほしい。がんばれ、チャコ美。




2018年2月17日土曜日

再逆転 日本・フィリピン交流史 最終回



出典:CNN Philippines

約400年に渡る、日本・フィリピン交流の歴史を、駆け足で振り返ってきたこのシリーズ。読者の方から、かなりの反響をいただき、私自身にもたいへん勉強になりました。私には少々肩の荷が重かったし、十分に意を尽くせたかどうかも分かりませんが、書いて良かったと思っています。

ひとつだけ残念だったのは、この投稿のために読んだ、ネット上での記事やブログの中に、時々ひどい内容のものがあったこと。特に明治以降の記述に関しては、読むのが憂鬱になったことも。

例えば、ベンケット移民。明治時代、マニラ〜バギオ間の道路建設には1500名もの日本人労働者が従事しました。その部分だけを切り取って、すべては日本人だけで完成したかのように書いたブログ。さらには「中国人にはできないことを、優秀な日本人はやり遂げた」みたいな、日本スゴイ論に仕立て上げている。なんでもかんでも嫌・中韓に結びつける連中はどこにでもいますね。

信頼できる複数の記事によれば、労働者の半数以上がフィリピン人で、工事を立案して資金を出したのはアメリカ人。道路完成後に建てられた記念碑にも、米・比・日、三つの旗が刻まれています。

また、太平洋戦争での日本のフィリピン侵攻も、白人(アメリカ)による支配からの解放のためで、フィリピンから飛び立った特攻隊を、今でも現地では英雄視しているという、一体何を根拠にしているのか理解できない記事。

戦後、戦犯として勾留中だった元日本兵に恩赦を与えたキリノ大統領は、ただの傀儡で、アメリカが命じたことを行っただけだとする、忘恩甚だしいものもありました。そうした思い込みと欺瞞に満ちた文章から、一貫して読み取れるのは、日本優越とフィリピン人を含む他のアジア諸民族への露骨な差別意識。

投稿の中で何度か触れたように、1980年代以降の経済的な傾斜では、たまたま日本が優位に立っていたかも知れないけれど、明治から昭和初期や、戦後しばらくの間は、そうではありませんでした。なのに、まるで日比交流が始まった400年前から、この関係は変わっておらず、未来永劫変わらないと信じる人がいるようです。

現実には、バブル崩壊からの30年間、ずっと不調の日本経済に比べ、ここの数年のフィリピンの成長率は明らかに日本のそれを凌駕。労働人口の推移は言うに及ばず、貧困の問題にしても、フィリピンに比べればまだマシとは言え、日本も決して胸を張れるような状況ではない。

もちろん、あと数年で日本は最貧国になり、フィリピンが先進国の仲間入りするといった、極端なことは考えにくいですが、日比の地位が、分野によっては再逆転することも十分あり得ます。今フィリピンに住んでいて、現状を知りすぎている在留邦人の方には、言下に否定されそうですが。

人の流れでいうと、1980年代のように、フィリピンから日本へ一方的な労働力の移動に代わり、英語教育やビジネスチャンスを求めて、若い世代の日本人がフィリピンに新天地を目指すという動き。あるいは、安定した老後の暮らしを求めての、中高年世代の移住。(つまり私のような人たち)

少し前までは、とんでもなくリスクの高い、無謀な冒険のように思われたことも、格安航空券やインターネットの普及で、単なる選択肢の一つと言ってもいいぐらい、ハードルが下がりました。そして、社会インフラにしても、規制でがんじがらめの日本と違い、コストさえ下がれば、驚くほどの早さで変わっていくフィリピン。

いい例が、携帯電話の普及と低価格化。我が家のメイドさんだって、スマホ2台持っている。最近では、ウーバー(Uber)・グラブ(Grab)など、タクシーに代わるライドシェアサービス。片田舎のネグロス島でも数年前から、グラブは利用可能に。ひょっとすると、AI(人工知能)導入による大規模な変革も、日本より早いかも知れないと、私は見ています。

もう一つ忘れてならないのは、ドゥテルテ大統領の登場に象徴される、長年に渡ってフィリピン政治の宿痾だった、汚職体質に国民がノーを叫び始めたこと。

と、かなり楽観的な未来も含めて、これからの可能性についての一端を語りました。しかし、私がフィリピン人の家内と一緒になった20年前には、このシライ市内で、多少遅くてもインターネットが使えて、ショッピングモールテーマパークができるなんて、当時はどんなに楽観的になっても、想像すらできなかった。

私の息子が社会人になる頃には、過去の不幸で歪な関係を乗り越えて、従来とはまったく違った、日本・フィリピンの新時代が来ていることを切に願います。できれば、私が生きている間に。


2018年2月16日金曜日

すぐやる大統領


出典:philstar

1969年(昭和44年)、千葉県松戸市の市役所に「すぐやる課」が創設されました。横連携がなく、責任逃ればかりで、なかなか物事が前に進まないのが「お役所仕事」。そんな旧弊を変えようと、ドラッグストアで有名なマツモトキヨシこと、当時の松戸市長の松本清氏が考案した、市長直轄の部署。

「すぐやらなければならないもので、すぐやり得るものは、すぐにやります」をモットーに、当初は課員2名でスタート。これは当時、テレビや新聞で大きく取り上げられ、小学生だった私に、「すぐやる課っちゅうのができたんやて〜」と、さも面白そうに母が教えてくれました。

その話題性と効用から、国内の300以上もの自治体で、同様の部署が立ち上げ。その後、縦割り構造の改善が進んだとして、廃止されるケースもありましたが、元祖である松戸市では今も健在。スズメバチの巣の撤去など、年間1000件以上を処理しているそうです。

唐突にすぐやる課の話を持ち出したのは、他でもない、我らが大統領ドゥテルテさんのこと。この人の就任以来の業績を見ていると、「すぐやる課」ならぬ、「すぐやる大統領」と呼びたくなる。

最近の事例では、中東クウェートで、同胞の海外出稼ぎ労働者が虐待を受けているとなったら、あっと言うまに渡航禁止を言い渡し、帰国用のチャーター便を無償手配。フィリピンに戻ったって仕事はないだろう、なんて訳知り顔連中の戯言には耳も貸さず、まずはフィリピン人の命を守ること最優先で、電光石火の早業。

つい先日も、観光地で有名なボラカイ島で、海の汚染が目に余るとして、半年以内に状況が改善されなければ、島を閉鎖すると宣言。こういうのは聞いていて惚れ々れしますね。

麻薬戦争は言うに及ばず、ジプニーの近代化地下鉄建設、警官の給与アップに、事故が相次いだ年末年始の花火・爆竹対策禁煙の徹底、フィリピン航空の空港ターミナル使用料未払い問題の解決...。私が知っているだけでも、ざっとこれぐらいは、すぐに出てきます。

どれもこれも、何年も、あるいは何十年も、何とかしないといけないと叫ばれていた事案ばかり。歴代大統領が、「やるやる詐欺」を繰り返していたことを思えば、同じ国の同じ政府とは思えない変わり方。

こう書くと、日本でもドゥテルテさんみたいな指導者が現れないものか、と溜息混じりの声が聞こえてきます。それも分からなくはないけれど、大統領一人に相当な権力が集中している、フィリピンの政治体制なればこその側面もあります。そもそも、日本の現政権に同じ権限を持たせれば、間違った方向に変革が進みそうで怖い。(今でも相当ヤバいのに)

また、こうした流れは、ドゥテルテさん個人の能力だけというより、フィリピン国民が渇望していたリーダー像に、彼がぴったり当てはまったから。シンガポールやマレーシアに遅れること30年以上。いまやインドネシアにすら追い越されてしまったフィリピン人からすれば、少々やり方が荒っぽくても、本当にやるべきことをやってくれる政治家を、歓迎する雰囲気が醸成されていたと見るべきでしょう。

とは言え、一部で多少改善の気配が見えても、全体で見れば相変わらずの、「すぐやる課」とは程遠い、お役所仕事のフィリピン省庁とその下部組織。ドゥテルテさんが任期満了の頃には、どれぐらいマシになっているでしょう。期待しすぎずに、その動向を見守りたいと思います。


2018年2月15日木曜日

私的フィリピン美女図鑑 フィリッピーノを愛した女たち


1989年に出版された、久田恵さん著のノンフィクション「フィリッピーナを愛した男たち」。80〜90年代に数多く書店に並んだ「ジャパゆきさん」物の中でも、1992年の山谷哲夫さんの「じゃぱゆきさん – 女たちのアジア」と並んで、先駆け的な存在。今ではフィリピンにハマった日本人のバイブルと言ってもいいぐらい。

つい「日本・フィリピン交流史」みたいなノリで書き初めてしまいましたが、こちらはフィリピン美女図鑑。今日は少し趣向を変えまして、フィリピーナではなく、日本人女性お二人に、モデルになっていただきました。

冒頭の無粋な説明書きからお察しの通り、このお二人は、ネグロス島で知り合ったフィリピン人のボーイフレンドと交際中。フェイスブック内のフィリピン関連の書き込みで知り合いました。そしてわざわざここで取り上げるぐらいなので、お二人ともたいへん魅力的。

ということで、有名な著作のタイトルをもじって「フィリピーノを愛した女たち」としたわけです。書き間違えたわけではありません。でも久田恵さんが書かれたような、ややこしい愛憎劇とはまったく違う、ごく普通の恋愛をされている人たち。好きになった男性が、たまたまフィリピン人だったというだけ。

ボーイフレンドたちとも何度か顔を合わせてます。すっごい美男子、というわけではないけれど、二人ともちょっとシャイで純朴そうで、父親目線で見たら、なかなか好感の持てる兄ちゃんたち。

さて、女性二人を一枚のイラストに描くのは、考えてみれば初めて。ポーズ決めと衣服選びが、ずいぶん難しい作業でした。画像検索で「two girls pose」とググると、何やら意味ありげな、妖しい写真ばかりが引っかかります。そういうのも嫌いではないけれど、リアルな友達の似顔絵にしたら、ドン引きされること間違いなし。

悩みに悩んで、仲良さそうだけど、変な密着はしないポーズを探し出し、衣服もショートパンツに白いシャツという、とてもオーソドックスなスタイルでまとめてみました。背景は当然のように南国をイメージ。描いてみたら、なかなか健康的な色気が表現できているんじゃないかと自画自賛。ブログへの投稿前に、モデルさんへの確認をしたところ、予想以上に喜んでいただきました。




過去の「私的フィリピン美女図鑑」は、こちら。
王女カンシライ
マイティ・フィリピーナ
クリスティン
サウンド・オブ・パラダイス
フィリピーナ in キモノ
マニラ・ガール
スーパーの警備員
タクロバンの薔薇
ジュリア・バレット
オフィレニア5人姉妹
ホワイトレディ
メイン・メンドーサ
スーパーの警備員 再び
日比カップル